« 空の下で49.合宿(その5) | トップページ | 空の下で51.合宿(その7) »

2008年8月12日 (火)

空の下で50.合宿(その6)

長距離メンバー全員がこっちを向く。いや、先輩二人と剛塚は見てないか。

たくみは、敷いてある布団の上を歩いてぼくの横まで歩いてきて言った。

「その子どんなコだったの。かわいい系、きれい系どっち」

「かわいい系」

ぼくじゃなくて牧野が答えた。たくみは「おお」とか唸った。

「で、どうなったの。ていうか名前なんていうの」

たくみの質問好きはこういう時ホントにムカツク。

三流芸能リポーターかってんだ。

そして何故か牧野が、相手の名前を答える。

「長谷川さん」

「おお!長谷川さんかあ!いいじゃん英太。どうなったか教えてよ」

「コクッた。フラれた。」

ぼくはたくみを睨みながら言った。

言った後、そのフラれた時の状況が脳裏によぎった。

瞬間、胸が苦しくなったが、すぐに治った。

「・・・わるい」

たくみが謝った。

どうやらぼくは切なそうな顔をしていたらしい。

牧野も「スマン」と言ってきた。

みんな合宿ということもあってテンションが上がってきているらしい。

なんだか悪ふざけも多いから、今みたいな目に遭う。

でもまあ気持ちはわかる。

ぼくもあと少しで、フラれたいきさつとか話しそうになっていた。

 

 

午後十時、消灯。

大きめの和室のこの部屋に、人数分の布団を敷いて寝転がる。

ぼくの右隣には牧野、左隣には大山がいた。

山の中の建物なので部屋の電気を消すと真っ暗になる。

部屋には窓が三か所あるけれど、窓は完全に黒に染まっている。

外からは虫の鳴き声が響いてるほかは何も聞こえない。

時折、車が通る音とか、どこかでロケット花火の音が聞こえる。

ぼくは目を閉じようとした。

明日は朝練習があるらしいから早く寝た方がいい。

でも左隣の大山が話しかけてきた。

「英太くん。起きてる?」

ボソボソっとしてる。部屋が静かなので小さな声で話してきたのだ。

「ん。どうしたの」

ぼくも小声で話す。

「どうしたっていうかさ。その、えっと」

大山は視線をそらしてモゴモゴ言っている。

「なんかあるならちゃんと言ってよ」

「うん。さっき英太くん、中学の時の恋愛の話してたじゃん。気になって」

それかい!

叫びそうになった。

大山って恋愛話に食いつくようなヤツだったのか。

女の子とかに興味あるかどうかもあやしい感じだったのに・・・。それは言い過ぎか。

「フラれただけだよ。あんまり思い出させないでよ大山」

「あ、いや、そうじゃなくて。ゴメン」

大山は頭を掻いた。

「大山、何の話だよ」

「いやさ、さっき恋愛話してるとき、英太くん一瞬つらそうな顔したから・・・。話をするのを止められないで黙って見てて・・・ゴメン」

また頭を掻く。

「あ、そんなこと?いいよ大山、気にしなくて。大山のせいじゃないし。牧野のせいだよ。ほんと、中学時代の辛い記憶だっていうのにさ」

ぼくはちょっとふてくされた感じで言うと大山はニッコリと笑った。

「大山は中学んときコクッたりしなかったの」

「ん・・・。ぼくはそういうのは無いよ。女子と話すの苦手だし。それに中学のときはイジメにあっててさ」

う・・・、話が暗い方向に転がってしまった。

「イジメ・・・か」

「そう。3年間辛かったよ。何しても笑いのネタにされたり理由もなく殴られたり」

何故か笑いながら話す大山。

「お金とられたりもしたしね」

「お金?その・・・反撃とかはしなかったの?」

「うん。相手は一人じゃなくて・・・その・・・不良グループって感じでさ」

不良グループ・・・。

ぼくはちょっと離れたところに寝ている剛塚のことを思った。

いつも大山をコキ使い、カバンを持たせる剛塚。二人は同じ中学出身なはず。

「ふふ、英太くん気づいたのかな。そう、剛塚くんたちにイジメられてたんだよ」

やっぱり・・・。

そうだと思っていた。中学の時から大山は剛塚にイジメられていたのだ。

だから高校になってもイジメが少し残っているんだ。

カバン持ちが発覚して以来、ずっと思っていたことの答えがやっと出た。

それと同時に剛塚への怒りが込み上げてきた。

「英太くん、顔が怖いよ」

「え?あ、ああごめん」

「もしかして剛塚くんのこと怒ってた?」

大山ってほんとに感がいい。というか人をよく見ている。

「でもね英太くん。ぼく中学2年の頃からずっとイジメに遭ってたんだけどね。3年の卒業間際、2月くらいかな。パッタリとイジメがなくなったんだ」

「へえ」

そうとしか言えなかった。だって1年以上もイジメられてきたってことだから。

「剛塚くんがね。みんなに言ったんだ。弱い者いたぶるのはもう辞めだって。他にやることを見つけたんだって。ついていく人を見つけたんだって」

やること?ついていく人?

あの剛塚が?

一年生の中で剛塚だけは陸上部に入っている理由がよくわからない。

その理由はこの辺りにあるのだろうか。

|

« 空の下で49.合宿(その5) | トップページ | 空の下で51.合宿(その7) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空の下で50.合宿(その6):

« 空の下で49.合宿(その5) | トップページ | 空の下で51.合宿(その7) »