« 北京オリンピック閉幕 | トップページ | 空の下で55.合宿(その11) »

2008年8月26日 (火)

空の下で54.合宿(その10)

朝が来た。

もう朝かよって感じだ。まだ来るな、まだ来るな、と思いながら浅い眠りをしていたようで、ふとんから起き上がってもしばらくはぼんやりしていた。

合宿三日目の朝だ。

今日の朝練習は、昨日よりさらに体が重かった。

昨日と同じく見晴らし館近くの林道を30分走ったんだけど

みんなゆっくりペースだ。さすがに疲れが溜まってきたのか、雪沢先輩も名高もいつもよりかなり遅く走っていた。

ぼくはというと、昨日の夜の乱闘騒ぎのことを思い浮かべながら走ってたんだけど、林道の途中で巨大なクモの巣に引っかかってしまいパニックになるという、バカらしい走りをしていた。

 

 

朝練習のあとはフラフラと食堂に向かう。

席につくと大石さんが朝食を運んできてくれた。

「さ、たーんとお食べ」

大石さんたちの作るゴハンはおいしい。

おいしいけど疲れがひどくて食べきるのはしんどくなってきた。

「う・・・食べきれるかな・・・」

ぼくがそう言うと隣の牧野は「オレもうムリ、あとは頼む」とかつぶやいた。

それでもなんとか食べきった。

「おかわり!」

とか言いながら食べてるのは大山だ。

名高が「信じられない」という顔で大山の食べっぷりを見ていた。

「あれで入部の時よりだいぶ痩せてきてるってのがスゴイよな」

これはたくみのつぶやきだ。

 

 

午前中は練習がない。

じゃあ何をするかというと。

寝てた。

途中までは牧野とたくみと大山とで、たくみが持ってきたトランプで大貧民をやってたんだけど、気がついたらみんな寝てた。せっかく勝ってたのにさ・・・

熟睡してたんだけど、突然陽気なコーヒールンバが聴こえて目が覚めた。

大石さんが大部屋までやってきて歌いだしたのだ。

何かと思ったら「お昼ゴハンだよー」と大声で宣言した。

「またゴハン?!」

時計を見ると、もう昼の12時40分だ。

確か昼は12時30分とか言ってたから、みんなが食堂に来ないので歌いながら呼びに来たってことだ。

この昼ゴハンは大山しか食べきれなかった。

くるみなんか、残すのが申し訳ないらしく涙目で大石さんに謝っていた。

「泣いたって許すかよ。なあ、英太」

たくみはそう言った。確かにそうなんだけど、ちょっと心にひっかかった。

 

 

さて、午後の練習は山中湖二周だ。

これは男子だけで、女子は一周してストレッチだという。

かくして長距離男子チームはスタート地点に集まった。

山中湖は一周13キロある。

二周するということは26キロということだ。

これまで四か月の練習の中で、一度に走った距離で一番長かったのは、合宿初日にやった16キロなので、一気に10キロも記録が伸びる。

時間のことをいうと、昨日は1周するのに一時間チョイかかっていた。

ということは二時間を超える戦いになる。

それも雪沢先輩は「レース形式」と言っていた。

つまり今まで「走ったことのない距離」で「勝負」をするということだ。

正直な話、走り切る自信ってのは無い。

牧野は「これってムチャぶりだよ」と言っていた。

 

 

山中湖の湖畔にある駐車場にメンバーが集まる。

スタートの合図は志田先生が出して、車で追尾するそうだ。

午後は短距離が練習ナシらしい。

「じゃあそろそろスタートするぞ。あ、言うの忘れるとこだったけどな、半周ごとに水とアクエリアス置いておくからな。水分ちゃんと摂れよー」

この志田先生のセリフに歓声がわいた。

「助かるー」

「なんかプロ選手みてぇ」

たくみと牧野は興奮しだした。

ぼくも興奮した。カッコよくドリンクをゲットしたい。

「よし、じゃあ行くぞー」

一転して全員が集中しだした。

そういえば剛塚も何事もなかったように練習に参加している。

「逃げるようなキャラじゃないよな」昨夜の名高の言葉が蘇る。

確かに逃げるキャラじゃない。

それにやることを見つけて陸上部に入ってきたはずだ。

でも、ついていく人ってのは誰になるんだ?雪沢先輩か?

まあ理由がどうであれメンバーが減らなくてよかった。

いろいろ問題がある剛塚だけど、やっぱりここまで一緒に走ってきた仲間が一人減るのはさみしい。

そうか、ただ単にさみしいから止めに入っただけなのか?ぼくは・・・。 

「なにボーっとしてんだ相原。始まるぞ」

雪沢先輩に言われぼくは前を向いて構えた。

ちょうど志田先生がスタートの合図をするところだった。

「はい行くよ。よーい、ドン。」

意外とテンションの低い合図で山中湖二周はスタートした。

|

« 北京オリンピック閉幕 | トップページ | 空の下で55.合宿(その11) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空の下で54.合宿(その10):

« 北京オリンピック閉幕 | トップページ | 空の下で55.合宿(その11) »