« 空の下で-風(18) 支部予選会(その10) | トップページ | 空の下で-風(19) 駒沢への道 »

2010年5月28日 (金)

支部予選会編、描き終わりましたー!

久しぶりに長いエピソードとなってますインターハイ編ですが、支部予選で「その10」まで書くとは思わなかったです。

これで英太も初の東京都大会進出となります。

生き残ったメンバーを見ると、

男子は800mで天野たくみ。

1500mで染井翔。

5000mで名高涼と牧野清一と相原英太。

女子3000mで大塚未華。

という事で、今年の多摩境高校は中・長距離が強いという事になります。

残念ながら敗退した登場人物もたくさんいますが、彼ら彼女らも全力を尽くして、悔いの無い戦いを繰り広げたので、満足かなと思ってます。

 

 

続いて行われるのは東京都大会です。

英太はここで名高や牧野と共に、数々のライバルと戦う事になる訳です。

怪物・五島林をはじめ、秋津伸吾、八重嶋翔平、向井、松梨付属の面々。

連載開始当初では考えられない程の高次元な戦いに身を置く英太は、果たしてどんな試合をするのか・・・。

そして五島林が「していない事」とは?

八重嶋と向井の「妨害行為疑惑」の正体とは?

やたらと挑発してくる香澄圭との勝負は?

数々の展開を迎える都大会編、いよいよ開幕です!!

|

« 空の下で-風(18) 支部予選会(その10) | トップページ | 空の下で-風(19) 駒沢への道 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支部予選会編、描き終わりましたー!:

« 空の下で-風(18) 支部予選会(その10) | トップページ | 空の下で-風(19) 駒沢への道 »